腸内環境を整えるのは食物繊維と乳酸菌

善玉菌のエサになるもの

そのもの納豆,口コミ,評価,解約

 

腸内を整えて細菌を育てるエサとなっているのが、「食物繊維」です。

 

果物や野菜にたくさん含まれている食物繊維は、腸や胃で消化、吸収されずに、大腸まで直接届くことが最も大きい特徴だと言えます。

 

海藻のようなネバネバした食材に含まれている「水溶性食物繊維」と、キノコ類や豆類に含まれる「不溶性食物繊維」の2種類になります。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサになるのは、水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維をふんだんに含む食材

 

大根、海藻、かぼちゃ、オクラ、ごぼう、モロヘイヤ、アボカド、にんじん、キンカン、キウイフルーツ、ブロッコリー

 

2種類の食物繊維は、いずれも腸の健康を保つ上でなくてはならないものです。積極的に、色々な食材から摂るように努力したいですね。

 

 

 

善玉菌を多く含んだ食材を取ることも重要

 

善玉菌を多く含む食材を摂ることだって大切です。

 

食べた菌は腸に定着しませんが、毎日食べ続けることによって、腸内環境が改善していくと考えられます。

 

善玉菌をたっぷりと含む食材

 

納豆、ヨーグルト、チーズ、キムチ

 

とりわけヨーグルトは、乳酸や酢酸を作り出す乳酸菌やビフィズス菌が沢山含まれています。

 

しかしながら善玉菌を育てる食物繊維をあまり含まないため、フルーツと一緒に食べると良いでしょう。

 

乳酸や酢酸が腸内に沢山あると、悪玉菌が増えにくい状態になります。

 

さらに乳酸は腸を刺激し、便を排出する「ぜん動運動」を活発にしてくれます。

 

 

 

腸をお掃除するのは「不溶性食物繊維」

 

「不溶性食物繊維」は、活発な排便を促し便秘を防いでくれる役割を果たします。

 

水溶性食物繊維だけを摂れば良いわけでは無いです!

 

不溶性食物繊維をたっぷりと含む食材

 

しいたけ、えのき、まいたけ、あずき、エリンギ、おから、いんげん豆、グリーンピース、切り干し大根、アーモンド

 

不溶性食物繊維が足りなければ、便の塊を作れず、不必要な排泄物が体に貯まり、便秘になりがちになります。

 

前述の食材をしっかり体内に取り入れて、便のかさを増やす事が、お通じの改善に向かうでしょう。

 

 

 

そのもの納豆の口コミはこちら